全要研で取り扱い開始の書籍

『難聴者と中途失聴者の心理学 聞こえにくさをかかえて生きる』

難聴者と中途失聴者の心理学

取り扱いを開始しました。

全要研ホームページのオンラインショップよりお求めいただけます。

目に見えにくい聞こえにくさを、難聴、中途失聴の当事者、そして研究者の立場から明らかにした1冊です。

難聴者の心理学的問題を考える会、代表 勝谷 紀子さんのインタビューは、全要研ニュース2020年9月号に掲載されています。

難聴者の心理学的問題を考える会:編
出版社 かもがわ出版
ISBN 978-4-7803-1093-1 C0011
判型 A5判 ページ数 204頁
発行年月日 2020年7月 
価格 定価(本体価格2,000円+税)

目次

はじめに

第1章 聞こえづらさにまつわるさまざまな問題

第2章 難聴の原因と対策

第3章 聞こえづらさと偏見

第4章 高齢期の難聴

第5章 難聴者・中途失聴者の心理臨床的理解

第6章 聴覚障害児における心理臨床的問題

第7章 難聴者の情報保障

おわりに

→ 全要研オンラインショップ